高岡市北部

雨晴海岸

himeji

雨晴海岸(あまはらしかいがん)は、富山県高岡市と氷見市の境にある海岸。能登半島国定公園に含まれ、日本の渚百選に選ばれている。
万葉集で「渋谿(しぶたに)」と詠まれた砂浜と海が美しい景勝の地で、冬季にはこの地域特有の、海面から湯気のようなものが立つ「けあらし」を見ることができる。
車窓からの眺めも良く、また海岸線のすぐ横を通る列車の撮影ポイントとして、鉄道ファンにも人気があり、青春18きっぷの販促ポスターに採用されたこともある。
雨晴駅の近くには義経伝説の残る義経岩がある。

続きを読む >>