飽海郡遊佐町・酒田市

鳥海山

himeji

鳥海山(ちょうかいさん、ちょうかいざん)は、山形県と秋田県に跨がる標高2,236mの活火山。出羽富士(でわふじ)とも呼ばれる。古くからの名では鳥見山(とりみやま)という。日本百名山・日本百景の一つ。2007年(平成19年)に日本の地質百選に選定された。
山の南側には夏、「心」の字の形に雪が残る「心字雪渓」がある。山頂付近には夏場も溶けない万年雪(小氷河と表現されることがある)が存在することや、氷河の痕跡として特徴的なカール地形が存在することから、かつて氷河が形成されていたという説がある。

続きを読む >>