琉球大学

首里城

himeji

首里城(しゅりじょう、スイグスク)は、沖縄県那覇市首里にあり、那覇港を見下ろす丘陵地にあった城。
以前は城内に十か所の御嶽(うたき、祭祀施設)があり、内郭の南側を「京の内(けおのうち)」と呼ばれる聖域が占めていた。十か所の御嶽のうちの数か所と、森や岩があるだけの場所だったが、この森が首里城発祥の地であり、国家の聖地とさせていた。 敷地内の御嶽等は、現在に至るまで信仰の対象であった。首里城の復元によって無断立ち入りが禁止となってしまったため「首里城の建物は復活したが拝所としては破壊された」との声もある。

続きを読む >>