河北郡津幡町

倶利迦羅不動寺(倶利伽羅不動尊)

himeji

倶利迦羅不動寺(くりからふどうじ)は、石川県河北郡津幡町の寺院。千葉の成田不動尊・相模の大山不動尊と共に日本三不動の一尊とされる。
倶利迦羅不動尊は、約1300年前、元正天皇の勅願により、インドの高僧「善無畏三蔵」法師が国土安穏万民豊楽の祈願を修法された際、感得された倶利迦羅不動明王を、刻まれ奉安されたもの。「クリカラ」とはサンスクリット語で”剣に黒龍の巻きついた不動尊”であり、日本では当山にのみ祀られていることから倶利伽羅山と号し、古来「倶利伽羅紋々」として入墨にまでされてきた。

続きを読む >>