宮古諸島

宮古島

himeji

宮古島(みやこじま)は、沖縄本島から南西に約300km、太平洋と東シナ海の間にある島。南西諸島西部の島嶼群宮古列島に属し、先島諸島の一部を成している。
「宮古島」という名称は、「ミャーク」もしくは「ミヤク」という音に当てられた言葉のようである。ミヤコの名称が歴史上初めて登場するのは、中国の歴史書『元史』の『温州府誌』からであり、「婆羅公管下密牙古人(ブラコウカンカミヤコジン)」が温州に漂着したと記述されている。
島全体に自然のパワーがみなぎるが、中でも宮古島の石庭はパワースポットとして注目されている。

続きを読む >>