坂戸市塚越

聖天宮

himeji

聖天宮(せいてんきゅう)は埼玉県坂戸市塚越にある道観(道教寺院)。道教の最高神、三清道祖(元始天尊、道徳天尊、霊寶天尊)と道教の神々が祭祀されている。
台湾出身の康國典大法師の建立。大法師は、若くして不治の大病を患ったが「三清道祖」に祈願し、7年の闘病生活を経て病が完治した。多くの人も同じように「三清道祖」にすがれるよう、お宮を建てることにした。日本国埼玉県坂戸市に建立するようお告げがあったため、同地に聖天宮を建立することになったという。
現存する道教のお宮としては日本国内最大級である。

続きを読む >>