入間郡毛呂山町岩井西

出雲伊波比神社

himeji

出雲伊波比神社(いずもいわいじんじゃ)は、埼玉県入間郡毛呂山町の神社。延喜式神名帳にもある古社。県内最古の神社建築であり、国の重要文化財。
社伝「臥龍山宮伝記」によると、景行天皇の53年に日本武尊が東征を成し遂げ、凱旋した際、この地に立ち寄り、天皇から賜ったヒイラギの鉾をおさめ神宝とし、出雲の大己貴命を祀ったとされ、成務天皇の御代に武蔵国造兄多毛比命が、出雲の天穂日命を祀り、大己貴命とともに出雲伊波比神としたとされる。
県の選択無形民族文化財である「やぶさめ」が有名。

続きを読む >>