エアーズロック

himeji

オーストラリアのほぼ中央にあるノーザンテリトリー、ウルル・カタジュタ国立公園に存在するエアーズロック。
高さ約348メートル、周囲約9.4キロ、6億年の歴史を持つといわれる世界最大級の一枚岩は、ユネスコの世界遺産にも登録されています。

エアーズロックは1873年に、イギリスの探検家により「発見」され、その当時の西オーストラリア提督、ヘンリー・エアーズの名前より、「エアーズロック」の名前が付けられました。
現在でもエアーズロックという呼称が一般的ですが、現在の正式名称は「ウルル」。
ウルルとはもともとオーストラリアの先住民族アボリジニによる呼称であり、ここは1万年以上前から彼らの聖地とされています。ウルルには彼らの祖先が記した壁画が残り、今なお信仰の対象として、宗教・文化的な行事が執り行われています。
夜明けや夕暮れ時には、岩肌が七色に変化し、神秘的な姿を見せてくれます。オレンジがだんだんと濃くなって深紅になり、紫へと変化していく姿は言葉では表現出来ない程美しいものです。エアーズロックの頂上からの眺望は、遥か30キロ先にマウントオルガがとひたすら続く大平原。オーストラリアの広大さを実感出来るでしょう。
オーストラリアのほぼ真ん中にあり、砂漠の真ん中に忽然と現れるその姿はまさに「世界の中心」、「地球のヘソ」といった呼び名そのもの。
人智を超えた大地のパワーを感じることができるはずです。

関連パワースポット:


コメントを残す