田沢湖

himeji

田沢湖(たざわこ)は、秋田県仙北市にある湖。日本で最も深い湖である。田沢湖抱返り県立自然公園に指定。日本百景。

秋田県の中東部に位置する。最大深度は423.4mで日本第一位(第二位は支笏湖、第三位は十和田湖)、世界では17番目に深い湖である(世界で最も深い湖はバイカル湖)。
深い湖水に差し込んだ太陽光は水深に応じて湖水を明るい翡翠色から濃い藍色にまで彩るといわれており、そのためか日本のバイカル湖と呼ばれている。

桜、新緑、紅葉、白雪とその風景は四季折々の美しさを奏で印象派の風景画を思わせる恋愛パワースポットです。

湖岸にたたずむのは、金色に輝く「辰子像」。この地に残る龍神伝説の象徴として、土地の方々に崇められている。像のモデル・辰子は、かつてこの地に住んでいた美しい娘。永遠の美を求めて泉の水を飲んだところ、激しい喉の渇きに襲われ、その身が龍に変わったといわれる。以来、龍になった辰子は「田沢湖」の主として、湖の奥深くに暮らしているという伝説が有名である。
その伝説にちなみ、パワースポットも美容や恋愛といった、女性人気の高いパワースポットといえる。
辰子が竜に姿を変えるきっかけとなる、神様のお告げにあった泉「潟頭の霊泉」と辰子姫が姿を映した「鏡石」などが、湖の北岸にある御座石神社にある。
湖であることから女性的なやわらかい水のエネルギーが強く、美容に良いとされている。

遊覧船でみどころを回ったり、湖水浴場で遊べたり、周囲には温泉郷もあるため、パワーと癒しを満喫できる、贅沢なパワースポットである。

ポイント・ご利益

・桜、新緑、紅葉、白雪とその風景は四季折々の美しさが愉しめる
・美容や恋愛といった、女性人気の高いパワースポット
・湖岸に金色に輝く「辰子像」がある

関連パワースポット:


コメントを残す