玉簾の滝

himeji

高さ63mの柱状節理の断崖を幅5mの岩頭から放たれた清冽は途中の岩に砕け散り飛沫と共に落下する、まさに珠玉の簾を掛けた如く透過性が有り陽光に煌めく姿は素晴らしく非常に壮麗な滝である。

また崖の中腹に岩穴があって、ここに不動明王の石像が安置されているが、これを滝身によって隠しているため、玉簾の名が付けられたと言われている。

八幡町升田地区の御嶽神社(みたけじんじゃ)の裏手に懸かる「飽海三名瀑」のひとつ。
「飽海(あくみ)三名瀑」は酒田市旧八幡町の「玉簾の滝」酒田市旧平田町の「十二滝」遊佐町の「二の滝」である。

弘法大師空海の開基とされる御嶽(みたけ)神社を祭る「玉簾の滝」伝説が語り継がれる。
808(大同3)年、布教のため出羽国を訪れた大師は、日向川流域をさかのぼり、当地南側を流れる前ノ川が、日向川と合流する付近にさしかかった。

日が暮れて宿を求めるのに困った大師は、比較的水の温かい前ノ川に神霊を感じて歩き続けた。
すると突然、闇夜の中でザザーッと、けものの争いとも思える音がした。生い茂る木の間からそっとのぞくと、それは大きな滝であった。

夜が明け、あらためて見上げた滝は朝日に輝き、まさに”玉すだれ”のような景観であった。大師は、やがて下流にも村人が住み着くと、耕作にこの水が必要になるであろうと悟り、滝の守り神に「御嶽神社」を祭り、立ち去ったと伝えられる。

ポイント・ご利益

・珠玉の簾を掛けた如く透過性が有り陽光に煌めく姿は素晴らしく非常に壮麗。
・崖の中腹に岩穴があって、ここに不動明王の石像が安置されている。
・徳川光圀(水戸黄門)が霊感を感じ建立した。

関連パワースポット:


コメントを残す