立石寺(山寺立石寺)

himeji

立石寺(りっしゃくじ)は、山形県山形市にある天台宗の寺院。山号は宝珠山。本尊は薬師如来。
寺号は詳しくは宝珠山阿所川院立石寺(ほうじゅさんあそかわいんりっしゃくじ)と称する。

山寺(やまでら)の通称で知られ、古来より悪縁切り寺として信仰を集める。

寺名は古くは「りうしゃくじ」と称した。蔵王国定公園に指定されている。平泉中尊寺・毛越寺、松島瑞巌寺とともに「四寺廻廊」という巡礼コースを構成している。

立石寺の創建について、寺伝では貞観2年(860年)に清和天皇の勅命で円仁(慈覚大師)が開山したとされている。
当寺の創建が平安時代初期(9世紀)にさかのぼることと、円仁との関係が深い寺院であることは確かであるが、創建の正確な時期や事情については諸説あり、草創の時期は貞観2年よりもさらにさかのぼるものと推定される。

元禄2年(1689年)に松尾芭蕉が旅の途中で訪れ、その時のことが『おくのほそ道』に書かれている。
また、当地で名句「閑さや 巖にしみ入る 蝉の声」を詠んでおり、参道に句碑がある。

立石寺の登山口正面にある根元中堂は国指定重要文化財に指定されていて、ブナ材の建築物では日本最古といわれている。

境内にある弥陀洞は長い歳月を経て、雨風によって削られた直立した岩が阿弥陀如来の作り出したといわれている。
1丈6尺(約4.8m)の大きさから丈六の阿弥陀とも呼ばれ、仏の姿に見ることが出来た人には幸福が訪れると伝えられている。

ポイント・ご利益

・山寺(やまでら)の通称で知られ、古来より悪縁切り寺として信仰を集める。
・「閑さや 巖にしみ入る 蝉の声」と松尾芭蕉も奥の細道で詠んでおり、参道に句碑がある。
・境内にある弥陀洞で仏の姿を見ることが出来た人には幸福が訪れる。

関連パワースポット:


コメントを残す