乳頭温泉郷

himeji

乳頭温泉郷(にゅうとうおんせんきょう)は、秋田県仙北市、十和田八幡平国立公園内乳頭山の山麓に点在する温泉の総称、温泉郷である。

「鶴の湯温泉」から最奥の「黒湯温泉」の六軒の一軒宿、および「休暇村乳頭温泉郷」の計7つの宿で構成されている。また、乳頭山登山道には一本松温泉というかつての温泉場跡地の野湯も存在する。
7つの湯は独自に源泉を持ち、自然湧出している湯は、効能も泉質も異なる白湯、黒湯、中の湯、滝の湯の4つ。なかでも乳白色の湯がたっぷりとあふれる露店風呂は、絶景で、ほんのりと硫黄の香りがする。混浴なのであらかじめそのつもりで行くこと。

各宿は、いずれも秘湯と呼ぶにふさわしい佇まいを呈しており、折からの秘湯ブームに乗って知名度、人気ともに非常に高いパワースポット

うっそうと茂るブナ林の奥深くにあり、まるで時の流れから置き去りにされたような静謐な佇まい。
ブナの原生林の呼吸によって澄んだ空気の中、温泉につかれば、心身ともに癒される優しい自然のエネルギーを感じられる。
また、山菜やキノコなど自然の恵みにも恵まれていて、宿の料理で味わうことができます。
素朴さが残る一軒宿はどれも自然環境に恵まれ、特徴のある温泉めぐりが楽しめる。

温泉郷内の各宿を湯巡りできる湯巡り帳が発行されており、郷内の各宿で日帰り入浴を一回ずつ楽しむことができる(宿泊者のみ)。この湯巡り帳は有効期間が1年と長く、有効期間内であればいつでも使用できる。1967年、乳頭温泉は国民保養温泉地に指定された。

ポイント・ご利益

・「鶴の湯温泉」から最奥の「黒湯温泉」の六軒の一軒宿、および「休暇村乳頭温泉郷」の計7つの宿で構成されている
・乳頭山登山道には一本松温泉というかつての温泉場跡地の野湯も存在する
・国民保養温泉地に指定されている

関連パワースポット:


コメントを残す