鳥海山

himeji

鳥海山(ちょうかいさん、ちょうかいざん)は、山形県と秋田県に跨がる標高2,236mの活火山。

出羽富士(でわふじ)とも、秋田県では秋田富士(あきたふじ)とも呼ばれる。古くからの名では鳥見山(とりみやま)という。

日本百名山・日本百景の一つ。2007年(平成19年)に日本の地質百選に選定された。

山体は山形県の飽海郡遊佐町・酒田市と秋田県の由利本荘市・にかほ市の4市町に跨がるが、山頂は飽海郡遊佐町に位置し、山形県の最高峰である。(山頂が飽海郡となった理由は 歴史 を参照のこと。)

東北地方では燧ヶ岳(標高2,356m)に次いで2番目に標高が高く、中腹には秋田県の最高地点(標高1,775m)がある。山頂からは、北方に白神山地や岩手山、南方に佐渡島、東方に太平洋を臨むことができる。

鳥海山は日本海に裾野を浸した秀麗な山容を持つためか、古くから山岳信仰の対象となり、山頂と、麓の吹浦(山形県遊佐町)と蕨岡(山形県遊佐町)には大物忌神社が祀られ、出羽国一宮として崇められてきた。

日本海に浮かぶ酒田市の飛島には、鳥海山の山頂部が吹き飛んできて出来た、あるいは鳥海に住む鬼が神罰を受けた際に飛んだ首によって出来たという伝承があり、それが島の名前の由来になっているという。
また、飛島に祀られた小物忌神社は鳥海山の大物忌神社と対をなしているとされる。

鳥海山は登山せずとも、見晴らしのよいところで山を眺めるだけでもパワーが得られるとされていて、心が晴れないときに訪れると、曇りがちな心を晴らしてくれるスポットといわれている。

ポイント・ご利益

・日本百名山・日本百景の一つで、地質百選にも選定されている
・見晴らしのよいところで山を眺めるだけでもパワーが得られるとされてる
・心が晴れないときに訪れると、曇りがちな心を晴らしてくれる

関連パワースポット:


コメントを残す