国王神社

himeji

神社のパワースポット国王神社(こくおうじんじゃ)は、茨城県坂東市にある神社である。祭神は平安時代の中期、この地方を本拠として関東一円を平定した平家一族の平将門。

社伝によると、平将門の戦死の際、難を逃れ奥州の恵日寺付近に庵を結び出家し隠棲していた将門の三女如蔵尼が、将門の33回忌にあたる972年(天禄3年)に この地に戻り、付近の山林にて霊木を得て、将門の像を刻み、祠を建て安置し祀ったのがはじまりとされる。
本社に秘蔵される将門の木像は、神像として珍しく、本殿とともに茨城県指定重要文化財に指定されている。

将門といえば、新皇を名乗り、朝敵として藤原秀郷(俵藤太)に討ち取られた人物で、映画「帝都物語」や東京大手町の首塚の伝承等でしられる怨念の強い人物像が浮かぶとだろうが、地元では、領民思いの英雄として伝えられている。

将門の三女、如蔵尼が、木像を彫り父の供養をしたのが、この神社の始まりだ。

整備された参道を歩き本殿に向かうと、カヤ葺きで素朴ではあるが、趣きのある社殿が建っている。その場は、非常にエネルギーが強いのが印象的な場所である。

大きな地図で見る

関連パワースポット:


コメントを残す