鹿島神宮

himeji

神社のパワースポット鹿島神宮(かしまじんぐう)は、茨城県鹿嶋市にある神社。常陸国一宮で、旧社格は官幣大社。日本全国に約600社ある鹿島神社の総本社。息栖神社、香取神宮と合わせて東国三社と呼ばれる。

茨城県南東部、北浦と鹿島灘に挟まれた鹿島台地上に鎮座する。伊勢神宮・香取神宮とともに、明治維新前に「神宮」を名称に使用していた三社のうちの一社にあたる。

祭神の武甕槌神は、経津主神(香取神宮祭神)とともに天孫降臨に先立って国土を平定したとされる武神である。当社と香取神宮は、古代朝廷が東国を治めるにあたって蝦夷に対する前線基地として重要視された。両神宮とも古来より軍神としての性格が強く、武術の道場には「鹿島大明神」「香取大明神」と書かれた2軸の掛軸が対になって掲げられていることが多い。

国宝の直刀を所蔵するほか、境内は国の史跡に、本殿・拝殿・楼門など7棟が国の重要文化財に指定されている。楼門は日本三大楼門の1つにも数えられる。そのほか、鹿を神の使いとすることでも知られる。

大鯰の頭を押さえているという要石があり、地震除けの力があるという。

大きな地図で見る

関連パワースポット:


コメントを残す