鳳来寺

himeji

鳳来寺(ほうらいじ)は、愛知県新城市の鳳来寺山の山頂付近にある真言宗五智教団の寺院。本尊は開山の利修作とされる薬師如来。参道の石段の数が1425段あり、仁王門は国指定重要文化財。また、愛知県の県鳥であるコノハズク(仏法僧)の寺としても有名である。

寺伝では大宝2年(702年)に利修仙人が開山したと伝える。利修は霊木の杉から本尊・薬師如来、日光・月光菩薩、十二神将、四天王を彫刻したとも伝わる。文武天皇の病気平癒祈願を再三命じられて拒みきれず、鳳凰に乗って参内したという伝承があり、鳳来寺という寺名及び山名の由来となっている。利修の17日間の加持祈祷が功を奏したか、天皇は快癒。この功によって伽藍が建立されたという。

パワースポットとしては中央構造線上に位置し、断層地特有のエネルギーが印象的である。風水的に見ても龍脈の地としても有名である。
特に鳳来寺の山頂付近から強力なパワーがでていると言われている。

徳川家康の生母である於大の方がこの寺に参籠し、家康を授かったと伝えられている。そのため子授けのご利益があるとされ、女性に人気のパワースポットとなっている。
子授け祈願、子宝だけでなく、病気快癒、 健康などのご利益がある歴史あるパワースポットでである。

関連パワースポット:


コメントを残す