鬼押出し園

himeji

鬼押出し園(おにおしだしえん)は、群馬県吾妻郡嬬恋村にある公園であり、一帯は1783年におきた浅間山の噴火の際に流れ出た溶岩である。園内には東京上野の寛永寺の別院である浅間山観音堂が設置されている。

鬼押出しの溶岩は、普通の溶岩と考えられてきたが、火砕物が火口周囲に堆積し、熔解して凝固しながら流出した特殊な溶岩であった。
天明浅間山噴火も普通の噴火のように、軽石の噴出、火砕流、最後に静かに溶岩が流出したと考えられてきた。

しかし鬼押出しの溶岩には、普通の溶岩に少ない、鉱物の結晶が破砕されたもの、山を構成する岩石の断片、酸化した火砕物を多く含むことは、金沢大学や日本大学のグループが独立に指摘してきた。
これらの特徴は、爆発的に噴き上げられた火砕物が積もり、急傾斜のために流れたとすると説明がつくという。

園内には、表参道、裏参道、高山植物観察コース、裏の院参道の4つコースが設けられ、歩きながら溶岩の跡とともに自生しているイワカガミやツガザクラなどの高山植物を眺められる。また園内の所々に見晴台が設けられ、標高2568メートルの浅間山をはじめ、北アルプス連峰、本白根山などの眺望を楽しむことができるほか、日本で生まれた6頭のトナカイに触れることができる「トナカイ牧場」などがある。

大きな地図で見る

関連パワースポット: