高麗神社

himeji

高麗神社 (こまじんじゃ)は埼玉県日高市に鎮座する神社。

現在の埼玉県日高市の一部および飯能市の一部にあたる高麗郷および上総郷は716年武蔵国高麗郡が設置された地である。

中世以降、郡域が拡大し、日高市・鶴ヶ島市の全域と、飯能市・川越市・入間市・狭山市のそれぞれ一部が高麗郡の範囲となった。

668年唐・新羅に滅ぼされた高句麗からの渡来人を移し置いたもので、703年には高句麗王族とされる高麗若光に朝廷から王(こきし)姓が下賜されている。

高麗神社はこの高麗郡の郡司・高麗若光を祭る。神仏習合の時代には高麗家は修験者として別当を勤めていた。また、高麗大宮大明神、大宮大明神、白髭大明神と称されていた社号は、明治以降は高麗神社と称されるようになった。
境内隣接地には江戸時代に建てられた高麗家住宅がある。

住宅は1971年(昭和46年)6月、国の重要文化財に指定された。
東京、埼玉にある白髭神社とは、実は、この高麗神社の分社である。

入口には将軍標(しょうぐんひょう・ジャングンピョ)がある。1992年 に在日本大韓民国民団埼玉県地方本部によって木製のものが奉納されたが事故で破損し腐食したため、2005年になって現在の花崗岩で制作されたものが民団中央により寄贈された。

若槻礼次郎、浜口雄幸、斎藤実、鳩山一郎などここに参拝して総理になった政治家が多いということで、「出世明神」と崇拝されている。
出世祈願・開運招福のご利益がある。

関連パワースポット:


コメントを残す