高岡大仏(大佛寺)

himeji

高岡大仏(たかおかだいぶつ)は、富山県高岡市の大佛寺にある銅造阿弥陀如来坐像。

台座の内部には回廊があり、中央の部屋には1900年に焼失した木造大仏の頭部が鎮座している。
高岡大仏は高岡銅器の職人の技術の結晶と言えるもので、高岡市の象徴的な観光地となっている。高岡市指定有形文化財に指定されている。

奈良の大仏、鎌倉大仏に並ぶ日本三大仏を称している。また、小杉大仏、庄川大仏と共に越中三大仏の一つである。

1933年、歌人の与謝野晶子が高岡を訪れた際に、高岡大仏を「鎌倉大仏より一段と美男」と評したとも伝わり、端正な顔立ちの大仏と言われる。

大佛寺(だいぶつじ)は、富山県高岡市にある浄土宗の寺院。
創建当時のことを記録した書物などは現存せず、創建年や開基については不詳だが、高岡大仏が最初に建立された1221年前後には既に大仏を祀る寺院が存在したか、高岡大仏が現在の位置に移転した1609年前後に創建されたと考えられている。

度重なる火災で一時は荒廃していたが、1745年、坂下町の極楽寺の第15代住職である等誉上人と、その弟子である良歓により中興された。

境内にある梵鐘、時鐘はもともとは江戸時代に町民に時間を知らせるために造られたもの。数度の火災の後、大佛寺に移転され、現在に至る。1962年3月30日、高岡市指定有形文化財に指定された。

関連パワースポット:


コメントを残す