高尾山薬王院(高尾山薬王院有喜寺)

himeji

高尾山薬王院(たかおさんやくおういん)は、東京都八王子市の高尾山にある寺院。

真言宗智山派の関東三大本山のひとつである(関東三大本山の残り2つは川崎大師平間寺(神奈川県川崎市)と成田山新勝寺(千葉県成田市)である。

寺名は詳しくは高尾山薬王院有喜寺と称するが、一般には単に「高尾山」あるいは「高尾山薬王院」と呼ばれることが多い。薬王院と参道のスギ並木は八王子八十八景に選ばれている。

天平16年(744年)に聖武天皇の勅命により東国鎮護の祈願寺として、行基菩薩により開山されたと伝えられている。その際、本尊として薬師如来が安置されたことから薬王院と称する。

永和年間(1375年 – 1379年)に京都の醍醐寺から俊源大徳が入り、飯縄権現を守護神として奉ったことから、飯縄信仰の霊山であるとともに修験道の道場として繁栄することとなる。

現在の社殿は1729年(享保14年)に本殿が建立され、1753年(宝暦3年)に幣殿と拝殿が建立された。
のち1805年(文化2年)・1965年(昭和40年)・1998年(平成10年)に大改修を行なっている。
江戸時代後期の代表的な神社建築で1952年(昭和27年)に東京都指定有形文化財に指定されている。入母屋造の本殿と拝殿を幣殿で繋いだ権現造である。

社殿全体に華麗で極彩色の装飾がなされていることが特徴である。
社殿前方には鳥居があり、神社であることが分かる。
寺院の中にある神社という形態は神仏分離以前の神社の姿の一つの典型例といえるだろう。

高尾山は関東の三大本山の一つとされていて、大本堂で連日諸願成就の御祈祷が行われ、ほら貝笛の音が響き渡る。

関連パワースポット:


コメントを残す