香取神宮

himeji

香取神宮(かとりじんぐう)は、千葉県香取市にある神社。式内社、下総国一宮。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。関東地方を中心として全国に約400社ある香取神社の総本社である。鹿島神宮、息栖神社と合わせて東国三社の一社。初詣には50万人以上が参拝する。
本殿及び楼門は江戸時代に建立されたもので、ともに重要文化財に指定されている。
千葉県北東部、利根川下流右岸の山上に鎮座する。神宮の位置する山はその形状から亀甲山と呼ばれている。

祭神は、経津主大神 (ふつぬしのおおかみ)伊波比主命(いわいぬし-、斎主神)とも表記される。
祭神の経津主大神は武甕槌神(鹿島神宮祭神)とともに、天孫降臨に先立って国土を平定したとされる武神である。当社は古代朝廷が東国を治めるにあたって、蝦夷に対する前進基地として重要視された。古来より軍神としての性格が強く、武術の道場には「鹿島大明神」「香取大明神」と書かれた2軸の掛軸が対になって掲げられていることが多い。

地図上で東国三社を結ぶと不思議なことに直角三角形が描き出され、さらに関係性のある伊勢神宮を地図上で結ぶと、その直線状には富士山、皇居、明治神宮等が並ぶ。あまり知られていないが、香取神宮から富士山まで直線で結ぶと皇居(江戸城)にまで龍脈が流れ込んでいる。風水的にも強いエネルギーを発するパワースポットである。
そして、参道の横には氣の強い場でもある「神池」があり、清らかな水の場が氣の穴となり、この場を育てている。

入り口にはパワースポットに相応しい朱塗の大鳥居。鬱蒼とした玉砂利の参道に脇に建つ大きな灯篭の数々。
鹿島神宮とつながっているとされ、地震除けのご利益があるといわれる要石など、パワースポットとしての見所が多数ある。

関連パワースポット:


コメントを残す