飫肥城歴史資料館下の幸せ杉

himeji

飫肥城歴史資料館(おびじょうれきししりょうかん)は、宮崎県日南市の飫肥城敷地内にある資料館。祐兵(すけたけ)や山田匡得の甲冑や刀剣等、飫肥藩ゆかりの歴史的資料220点が展示されている。

幸せ杉は飫肥城歴史資料館の裏にあり、飫肥城内の門関跡の四つ角に1本ずつ植栽されている。ここから、四合せ=士合せ=幸せ、と縁を担ぎ、対角線の中心で願いごとをすると叶うと言われている。
恋愛運だけでなく、「士合せ」で勝負運もアップするらしい。

資料館のある飫肥城は江戸時代、伊東氏飫肥藩の藩庁として栄えた。飫肥市街北部の丘陵に曲輪を幾つも並べた群郭式の平山城である。
大手門(櫓門)が復元されていて、大手門前には空堀が往時のまま残っている。
大手門から資料館のある中の丸へ。石垣と白壁の城壁が、大手門からの進路に立ちふさがるように築かれている。中の丸から一段高くなった小さな曲輪松尾丸には、書院が復元されている。

NHK連続テレビ小説わかばのロケ地になったことでも有名である。2006年(平成18年)4月6日日本100名城(96番)に選定された。

幸せ杉以外にも旧本丸跡で杉木立と深い緑の苔のじゅうたんを敷き詰めたような「癒しの森」もパワースポットとして人気がある。

飫肥城下の後町通りには鯉が遊泳する水路があり、ハート型の模様のある鯉がいるらしいので見つけた人には幸せが訪れるといわれている。

日南市の無形民俗文化財に指定されいる四半的(しはんまと)を楽しむこともできる。射場から的まで四間半、弓矢ともに四尺五寸、的が四寸五分で、全て四半であることから四半的と呼ばれている。

城だけでなく城下町も合わせて武家屋敷の町並みが楽しめる。

関連パワースポット:


コメントを残す