青岸渡寺

himeji

青岸渡寺(せいがんとじ)は、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある天台宗の寺院。

西国三十三所第一番札所。山号は那智山。本尊は如意輪観世音菩薩。
2004年7月、ユネスコの世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として登録された。

熊野三山の信仰が都の皇族・貴族に広まったのは平安時代中期以降であり、青岸渡寺および隣接する熊野那智大社についても創建の時期等については判然としない。

伝承では仁徳天皇の時代(4世紀)、天竺(インド)から渡来した裸形上人による開基とされ、同上人が那智滝の滝壺で得た金製の如意輪観音を本尊として安置したという。
後に推古天皇の勅願寺となり、6世紀末 – 7世紀初に生仏聖(しょうぶつひじり)が伽藍を建立し、丈六の本尊を安置して、その胎内に裸形上人感得の如意輪観音を納めたという。

以上はあくまでも伝承であるが、那智滝を中心とする自然信仰の場として早くから開けていたと思われる。

隣接する熊野那智大社とともに神仏習合の修験道場であり、如意輪堂と称されたその堂舎は、那智執行に代表される社家や那智一山の造営・修造を担う本願などの拠点であった。熊野那智大社の紹介でよく見られる三重塔は青岸渡寺に建造されている。

織田信長によって焼かれてしまったが青岸渡寺は1950年に豊臣秀吉に再建された。
美しく彩られた朱色の三重塔は西国三十三所観音巡りの第一番礼所になっていて、延命の水と名付けられている清浄水が設けられている。

関連パワースポット:


コメントを残す