霧島神宮

himeji

霧島温泉郷(きりしまおんせんきょう)は、標高1700メートルの韓国岳(からこくだけ)を中心に、鹿児島県霧島市から湧水町にかけて22座に及ぶ火山が影絵のように重なり合う霧島山中腹に点在する温泉群の総称。狭義では大浪池の南西斜面、中津川(天降川の支流)流域にある古くから知られている温泉群を指す。
1959年(昭和34年)5月4日、「霧島温泉」として、旧・霧島町の霧島神宮温泉とともに国民保養温泉地に指定された。

11種類の温泉とそれらを引く約24軒の宿が点在し、泉質はそれぞれ違い、宿や温泉の雰囲気もバラエティ豊富。

霧島温泉郷には霧島神宮や霧島東神社、霧島山など多くのパワースポットがある。
中でも一番東に秀麗な山容を見せる高千穂峰は、天上の神々が初めて地上に降り立った天孫降臨の聖地(パワースポット)といえる。
天照大御神(あまてらすおおみのかみ)の孫、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が、その命を受けて下界に降り立った神話発祥のパワースポットである。天空に浮かぶ高千穂今峰の麓に鎮座する霧島神宮に参拝し、古宮址(ふるみやあと)のある高千穂河原に立てば、日本の始まりを肌で感じることできる。

霧島神宮は、商売繁盛・豊作・家内安全のご利益のあるパワースポットといわれ、お正月三が日は鹿児島周辺の観光客で大変な賑わいである。

坂本龍馬がお龍と滞在し、至福の日々を過ごした地として有名です。

大きな地図で見る

関連パワースポット: