開成山大神宮

himeji

開成山大神宮の創建は明治9年(1876)に、安積開拓完成を祈願して全国唯一と言われる伊勢大神宮に祀られている天照大御神を分霊勧請した神社。

当時、郡山一帯は荒涼たる原野だったが、役人だった中条政恒が中心となり地域の豪商達を集め「開成社」という開墾会社を発足し開拓者の精神的拠り所として開成山大神宮が計画された。

天照大御神を分霊勧請した神社の為、”東北のお伊勢さま”と称され、福島県では最多の年賀参拝者を数える。

社殿も大きな神社山門を備え、拝殿、本殿も伊勢神宮を模したと思われる特異な形態で印象に残る。
社宝には「勝光(室町時代:刀匠勝光作・明治9年開成山大神宮に伊勢神宮から御神宝として贈られたもの。)」と呼ばれる太刀と「国綱(桃山時代作・身丈25.1㎝・明治9年開成山大神宮に伊勢神宮から御神宝として贈られたもの。)」と呼ばれる槍があり共に昭和35年郡山市指定重要文化財に指定されている。

神社の正面には、広々とした開成山公園が広がる。
開拓時に植えられたたくさんの桜があり、花見の名所としても知られている。

大きな地図で見る

関連パワースポット: