長谷寺(桜井市)

himeji

長谷寺(はせでら)は、奈良県桜井市にある真言宗豊山派総本山の寺。山号を豊山神楽院と称する。

本尊は十一面観音、開基(創立者)は僧の道明とされる。
西国三十三箇所観音霊場の第八番札所であり、日本でも有数の観音霊場として知られる。

大和と伊勢を結ぶ初瀬街道を見下ろす初瀬山の中腹に本堂が建つ。
初瀬山は牡丹の名所であり、4月下旬~5月上旬は150種類以上、7,000株と言われる牡丹が満開になり、当寺は古くから「花の御寺」と称されている。

また『枕草子』『源氏物語』『更級日記』など多くの古典文学にも登場する。
中でも『源氏物語』にある玉鬘の巻のエピソード中に登場する二本(ふたもと)の杉は現在も境内に残っている。

その霊験のあらたかさは遠く唐の国の僖宗皇帝夫人にも届き、彼女は馬頭夫人(醜い婦人の意味)とあだ名されるほどでしたが、はるか大和の長谷観音に祈ったところ見違えるような美しさを手に入れたと伝えられている。

長谷寺といえば牡丹というほど有名であるが、寺伝によると、これは願いが叶った僖宗皇帝夫人がお礼として十種の宝物に中国の国花である牡丹をそえて送ったことに由来している。

そのことから美人祈願、縁結び、安産祈願、合格祈願のご利益がある人気のパワースポットになっている。

関連パワースポット:


コメントを残す