鎮西大社諏訪神社

himeji

鎮西大社諏訪神社(ちんぜいたいしゃすわじんじゃ)は、長崎県長崎市にある神社。

現在の正式名称は諏訪神社であり、鎮西大社は通称。
地元では「お諏訪さま」、「おすわさん」と呼ばれる。
10月7日~9日の例祭は長崎くんちとして有名である。

弘治年間より長崎に祀られていた諏訪神社・森崎神社・住吉神社の三社が起源である。
弘治元年(1555年)に、長崎織部亮為英が京都の諏訪神社の分霊を、現在の風頭山の麓に奉祀したのが始まりという。

戦国時代に当地はキリスト教徒の支配地となり、当社を含めて領地内の社寺は全て破壊された。
江戸時代に入った後の寛永2年(1625年)、長崎奉行・長谷川権六や長崎代官・末次平蔵の支援によって佐賀の修験者であった初代宮司の青木賢清(かたきよ)が、円山(現在は松の森天満宮の鎮座地)に三社を再興し、長崎の産土神とした。

正保4年(1641年)に幕府より現在地に社地を寄進され、慶安4年(1651年)に遷座した。安政4年(1857年)9月に火災により焼失したが、孝明天皇の勅諚により明治元年(1868年)に再興した。

主祭神は建御名方神と八坂刀売神であり、厄除け・縁結び・海上守護の神社として崇敬されている。

諏訪神社のパワースポットは参道に生みこまれた「男石」「女石」と呼ばれる敷石があり、その敷石を男性が「女石」、女性は「男石」を踏んだ後に拝殿前の両性が合体した石を踏んで参拝すると縁結びが叶うといわれている。

関連パワースポット:


コメントを残す