金蛇水神社

himeji

金蛇水神社(かなへびすいじんじゃ)は、宮城県岩沼市にある神社である。

989年、京都の三条に住む刀匠小鍛冶宗近が天皇の御佩刀を鍛えよとの勅命を賜り、名水を求めて諸国を遍歴していた。

当社の鎮座する三色吉の地を訪れたところ、水神宮のほとりを流れる水の清らかさに心をうたれ、水神宮に参籠祈願して神恩を請い、宝刀を鍛えることができた。宗近は神の御加護に感謝し、雌雄一対の金蛇を斎鍛して水神宮に奉納し、都に上ったという。以来この金蛇を御神体と崇め、社名も金蛇水神社と称して今日に至る。

御祭神は金蛇大神 (水速女命) で古くからこの地に祭られる水の神。古来、龍や蛇は水神の化身とされている。
財力 (商売繁盛・金運円満)、生命力 (厄除開運、病気平癒)、生業の守護 (五穀豊穣・大漁満足・海上安全)の神として多くの信仰を集めている。

またもうひとつの御祭神、金蛇弁財天はインドから渡ってきた水の女神であり篤く信仰されており、財力と知恵、技芸の向上の神徳を有する。

境内には「ぼたん園」や「藤棚・休憩ベンチ」などがあり五月中旬ごろに綺麗な花を咲かせてより一層パワースポットとしての力が増すことでしょう。
それ以外にも蛇紋石(蛇石)と呼ばれる蛇の紋様が浮かぶ珍しい石が神社内に多数あります。

境内の西側にある「七ッ堤」が金蛇沢の水源となっていて、堤をみて回ることができます。

もともと蛇は世界各地で古来より信仰されていて、生命力の象徴だったり神の使いなどと呼ばれたりしていました。脱皮した抜け殻をお財布に入れておくとお金がたまるとされていたり、白ヘビは幸運の象徴といわれてましたので、この金蛇水神社でヘビのパワー得ることが幸せへの近道になるかもしれません。

ポイント・ご利益

・ご利益は財力・生命力・生業の守護と知恵、技芸の向上。
・花の咲く五月中旬がパワースポットとして強力。
・蛇紋石、七ッ堤など見所満載。

関連パワースポット:


コメントを残す