重岩(小瀬石鎚神社)

himeji

重岩(かさねいわ)は、小豆島にある巨岩。「小瀬の重ね岩」等とも呼ばれる。小豆島の西端の小瀬丁場にある小瀬石鎚神社の御神体で、宙に浮いたかのように巨大な岩が重ねられている。
小豆島には大坂城築城の際に切り出した石切丁場20ヵ所以上あり、小瀬丁場もそのひとつ。

四国にある石鎚山の鎖を神前に奉納されている。

「天からパワーが降り注ぐ」注目のパワースポット。
小豆島には大坂城築城の際に切り出した石切丁場20ヵ所以上あり、その丁場跡が現在も保存されている。

小豆島の西端にある「小瀬の丁場」もそのひとつ。
山を登っていくとどうやってこんな大きな岩を重ねて置いたのだろう…?と壮大で不思議な光景が飛び込んでくる。

たどり着くには189段もある階段を登る。かさね岩から眺める景色は絶景だ。

眼下には瀬戸内海が広がり、広い空と太陽のやさしい光に包まれると、自然の生命のパワーをもらって、心身ともにリフレッシュできる。

大きな地図で見る

関連パワースポット: