近江神宮

himeji

近江神宮(おうみじんぐう)は、滋賀県大津市に鎮座する神社。
皇紀2600年を記念して同年に相当する昭和15年(1940年)に創祀された。

天智天皇7年(667年)に同天皇が当地に近江京を営み、飛鳥から遷都とした由緒に因み、同天皇を祭神として創祀された。
天智天皇が日本で初めて水時計(漏刻)を設置した歴史から境内には各地の時計業者が寄進した日時計や漏刻などを飾ってあり時計館宝物館が併設されている。

また、『小倉百人一首』の第1首目の歌を詠んだ天智天皇にちなみ、競技かるたのチャンピオンを決める名人位・クイーン位決定戦が毎年1月に行われている。
このことから近江神宮は「かるたの殿堂」ともいわれている。

時計館宝物館は世界の時計約3000点を集めた時計をテーマとする博物館。
天智天皇が日本で初めての時計である漏刻を設置した経緯から、昭和38年(1963年)に設立された。

スイスから寄贈された日本最古の時計である漏刻の復元模型や中国で使われていた火時計の復元模型が屋外に展示されている。
館内の時計館展示室には日時計や和時計といった貴重な実物の時計を数多く展示している。

宝物館展示室には、近江神宮の歴史に関する資料等のほか、大津宮跡の出土遺物、および重要文化財に指定される曾我蕭白「紙本墨画淡彩楼閣山水図」や白磁水注等の美術工芸品を展示する。参拝者用の休憩所が2階におかれている。

開運招福・厄除けにご利益がある。

関連パワースポット:


コメントを残す