賽の河原

himeji

新潟県佐渡市願にある賽の河原霊場霊場。
断崖続く海岸沿いの洞窟に多くの石地蔵が並ぶ祈りの地。

大野亀と二ツ亀を結ぶ自然遊歩道の途中。地元では石小法師と呼ばれている。

賽の河原から二ツ亀が間近に見えるが、二ツ亀附近から賽の河原を見ることはできない。

上からも左右からも死角になった実に絶妙な場所である。

賽の河原は海食洞穴(入口高さ約5m)の中にある。ここに大小様々な地蔵立像が安置されている。洞穴内の(向って)左奥のくぼみは「血の池」と伝えられている。

民俗学者柳田國男が佐渡を訪れた大正期には、地蔵堂があった。宮本の著書には地蔵堂遠景の写真が掲載されている。

真更川の村人は三崎遍路(上回り遍路とも。小木・赤泊方面)から帰ると海府遍路も回る習慣があり、その一泊目がこの地蔵堂であったという。
賽の河原は寺院ではないため、佐渡に伝わる複数の遍路の正式な札所ではないが、ここも併せて巡拝されていた。

幼くして亡くなった子供たちが、「一つ積んでは父のため、二つ積んでは母のため・・・」と、先立つ不幸を詫びるため、石を積むといわれている。

言い伝えによれば、村の子供たちが棒切れなどでこの石の塔をくずしても、翌朝にはもとのとおりに積んであるといわれる。
子供をなくした親たちが、ここへ来れば自分の子と同じ顔の地蔵に逢うことができ、その泣き声も聞くことが出来ると信じられている。

ここにあるものは、どんなものも決して持ち帰ってはならないという。

関連パワースポット:


コメントを残す