賀茂御祖神社(下鴨神社)

himeji

賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)は、京都市左京区にある神社。通称は下鴨神社(しもがもじんじゃ)。式内社、山城国一宮、二十二社(上七社)の一社。旧社格は官幣大社で、現在は別表神社。
ユネスコの世界文化遺産に「古都京都の文化財」の1つとして登録されている。

賀茂別雷神社(上賀茂神社)とともに古代の賀茂氏の氏神を祀る神社であり、賀茂神社(賀茂社)と総称される。
上賀茂神社の祭神である賀茂別雷命の母の玉依姫命と玉依姫命の父の賀茂建角身命を祀ることから「賀茂御祖神社」と呼ばれる。八咫烏は賀茂建角身命の化身である。

本殿の主祭神よりも相生社が、恋愛のパワースポットとしては有名。
縁結びの神として知られる神皇産霊神(かみむすびのかみ)を祀る相生社が、下鴨神社の赤い楼門の手前にあり、その小さな社の脇にあるのが恋愛のパワースポットとして注目されている”連理の賢木”である。

御神木には鈴緒が2本かかっているので、縁結びを願う男女で参拝し、一緒に鳴らして良縁を祈願するのが定番である。
また、縁結びを祈願する特別な絵馬奉納作法がある。

まず、絵馬に願い事を書き、願いを込めながら赤と白のひもをしっかり結ぶ。
その絵馬をもって社の正面に進み、願いごとを念じながら社殿と御神木の周りを3度巡る。
そして3度目の途中で、絵馬を絵馬掛けに奉納し、正面に戻って、ニ礼ニ拍手一礼をして相生社と連理の賢木にお参りする。

これに従い正しい方法でお参りをすれば、効果は更に期待できると口コミで広がっている。

大きな地図で見る

関連パワースポット: