観音寺(観音寺市)

himeji

観音寺(かんのんじ)は、香川県観音寺市にある真言宗大覚寺派の寺院。四国八十八箇所霊場の第六十九番札所。
山号は七宝山。六十八番札所神恵院(じんねいん)と同じ境内にある。

伝承によれば、大宝年間(701年~704年)に、法相宗の日証が琴弾山で修行をしていたところ、琴を弾く老人が乗る舟を海上に見た。

この老人が八幡大明神であることを知った上人は、その琴と舟を祀り琴弾八幡宮と名付けた。その神宮寺として建立されたのが観音寺の前身であるという。

寺伝によれば、行基が養老6年(722年)に訪れた後、空海(弘法大師)が聖観世音菩薩像を刻み本尊として安置したという。

頭痛封じ・智慧授かり・学業成就などの頭に関するご利益がある。

大きな地図で見る

関連パワースポット: