臼杵磨崖仏

himeji

臼杵磨崖仏(うすきまがいぶつ)は、大分県臼杵市深田にある4群60余体の磨崖仏である。
「臼杵石仏(うすきせきぶつ)」の名で知られている。

1952年(昭和27年)、国の特別史跡に指定され、1995年(平成7年)には国宝に指定された(指定対象は59躯)。磨崖仏としては日本最初、彫刻としては九州初の国宝指定である。

石仏造営の時期や事情を証する史料は一切残っていない。造像の経緯については民話・伝承により諸説あるが、臼杵市観光協会は民話「真名野長者伝説(炭焼き小五郎伝説)」による、長者が亡くなった娘の菩提を弔うために彫らせたという説に基づいた観光アピールを行っている。

仏像の様式などから大部分は平安時代後期、一部は鎌倉時代の作と推定されている。
しかし、前述の伝説は敏達天皇-用明天皇在位期の話となっており、年代は大きく離れている。

山岳仏教の衰退と共に忘れ去られてしまった磨崖仏は1,000年の風雨に曝され続けることとなった。元々阿蘇山からの火砕流が溶結した凝灰岩に掘られた石仏は脆く、また参拝者によって自然にできた道が大雨の際は川に変わり石仏を削り取った。
現在、多くの石仏の下半身が切り取られたように無くなっているのはそのためである。

日本の磨崖仏は全国のおよそ8割が大分県に集中して400体以上あるといわれている。

関連パワースポット:


コメントを残す