聖天宮

himeji

聖天宮(せいてんきゅう)は、埼玉県坂戸市塚越にある道観(道教寺院)である。

聖天宮は、台湾の伝統宗教、道教のお宮(道教宮観)である。
道教の最高神・三清道祖(元始天尊、道徳天尊、霊寶天尊)と道教の神々が祭祀されている。
聖天宮は台湾出身の康國典(こうこくてん)大法師が建立した。大法師は、若くして不治の大病を患ったが「三清道祖」に祈願し、7年の闘病生活を経て病が完治した。

大法師は感謝の気持ちを抱き、他の多くの人々も自身と同じように「三清道祖」にすがれるようお宮を建てることにした。建立地を探していたところ、日本国埼玉県坂戸市に建立するようお告げがあったため、同地に聖天宮を建立することになったという。

聖天宮は、1981年より着工し、15年の歳月を経て、1995年に開廟した。現存する道教のお宮としては日本国内最大級である。装飾品は、台湾より運び、台湾の宮大工によって建造された。

天然石の彫刻品や金箔を施した木彫装飾など見所の多い寺院。聖天宮の前にはポピー畑が広がり、毎年5月中旬にポピー祭りが開催される。
毎週土曜日朝7時半から8時、聖天宮天門広場にて早朝太極拳が開催される。

諸願成就のご利益がある。

ドラマ『西遊記』(主演はSMAPの香取慎吾)のロケが行われ、架空の寺『夢現寺』として登場した。

関連パワースポット:


コメントを残す