箱根神社

himeji

箱根神社(はこねじんじゃ)は、神奈川県足柄下郡箱根町にある神社である。旧社格は国幣小社。箱根大神(瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)・木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)・彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト)の総称)を祀り、かつては箱根権現、三所大権現と称した。

六国史や延喜式神名帳には見えないが、古代よりの山岳信仰の霊地であったと見られる。『筥根山縁起』によれば、孝昭天皇の時代、聖占仙人が駒ヶ岳を神体山として神仙宮を開いたのに始まり、天平宝字元年(757年)、万巻上人が現在地に里宮を創建して僧・俗・女の三体の神を箱根三所権現として祀ったと伝える。

箱根神社は古来、関東総鎮守箱根大権現と尊崇されてきた名社で、交通安全・心願成就・開運厄除に御神徳の高い運開きの神様として信仰されている。

箱根神社は伊豆山神社とともに「二所権現」といわれる強いパワースポットがある神社。
本殿前は特に強いエネルギーがあり、パワースポットとしては金運上昇が有名であるが、境内にある御本殿以外の、九頭龍神社新宮、曽我神社、箱根七福神(弁財天社、恵比寿社)など多くのスポットにも恋愛、転機、勝負運など多くのご利益が望める。
最近は恋愛に悩む女性がよく訪れる寺社として特集されている事も多い。

箱根は、全国でも有数のパワースポットとして知られており、箱根という場所そのものがパワースポットと呼んでも良いと思われる。

大きな地図で見る

関連パワースポット:


コメントを残す