穴八幡神社(穴八幡宮)

himeji

穴八幡宮(あなはちまんぐう)は、東京都新宿区の市街地に鎮座している神社。
蟲封じのほか、商売繁盛や出世、開運に利益があるとされている。旧称は高田八幡宮。

社伝によれば、1062年(康平5年)源義家が奥州からの凱旋の途中、この地に兜と太刀を納め、八幡神を祀ったという。

1636年(寛永13年)ここに的場が造られ、この八幡宮を守護神とした。

1641年(寛永18年)宮守の庵を造るため、社僧良晶が南側の山裾を切り開いていると横穴が見つかり、中から金銅の御神像が現れた。掘った人は「芽出度い」と大喜びし、以来、「穴八幡宮」と称するようになった。
3代将軍徳川家光は、この話を聞いて穴八幡宮を幕府の祈願所・城北の総鎮護とした。

歴代将軍がたびたび参拝し、8代将軍徳川吉宗は、1728年(享保13年)に世嗣の疱瘡平癒祈願のため流鏑馬を奉納した。

流鏑馬はその後も世嗣誕生の際や厄除け祈願として奉納され、穴八幡宮に伝わる「流鏑馬絵巻」には1738年(元文3年)に奉納された竹千代(後の10代将軍徳川家治)誕生祝の流鏑馬が描かれている。

江戸の庶民からも信仰を集め、特に蟲封じの祈祷は有名だった。1879年(明治12年)には皇太子(後の大正天皇)の御蟲封祈祷も行っている。

筒状の「一陽来復」のお札で知られる。
この形は、「1からスタートして丸く回ってまた1に戻る」という意味のほか、このお札の中には神様に関わる縁起の良い福ものが入っており、その1つ1つが鎮座して1周を描くように入っているため、丸いのだという。

一陽来復のお札は、年に三回、冬至、大晦日、節分に、その年の開運方位に向けて貼る。家族がいつも団欒して集まる部屋に貼り、柱に貼るのは「神様が柱を背負う」ことになるので、良くないとされる。

関連パワースポット:


コメントを残す