穂高神社

himeji

穂高神社(ほたかじんじゃ)は長野県安曇野市穂高にある神社。

安曇野市穂高の本宮(里宮)のほか、松本市安曇の上高地に奥宮、奥穂高岳山頂に嶺宮があることから、「日本アルプスの総鎮守」として親しまれている。

祭神は、本宮中殿に穂高見神(ほたかみのかみ)別名「宇都志日金析命(うつしひかなさくのみこと)」、左殿に綿津見神(わたつみのかみ)、右殿に瓊瓊杵神(ににぎのかみ)、別宮に天照大御神(あまてらすおおみかみ)、若宮に安曇連比羅夫命(あづみのむらじひらふのみこと)、相殿に信濃中将(御伽草子のものぐさ太郎のモデルとされる)を祀る。

信濃国(長野県)に海は無いが、主神といえる本宮中殿に座する穂高見神と綿津見神は共に海人族である阿曇氏の祖神とされる海神であり、安曇野に定着した安曇氏と神社との関係が現れている。

毎年9月26日・27日に行われる例大祭の御船神事(お船祭り)は高さ6m長さ12mにもなる大きな船形の山車(だし)「御船(おふね)」をぶつけ合う勇壮な祭り(26日は神事のみ、本祭りは27日)。
大小5艘の御船に穂高人形を飾り氏子が穂高の街中や田園地帯で御船を曳いて練り歩き、神社へと曳き入れられ境内神楽殿を練り、神前を曳き廻るうちに大船2艘は御船同士をはげしく衝突させ合う。その迫力と豪快さから多くの見物客が訪れ、市の無形文化財にも指定されている。

奥宮は、中部山岳国立公園内の松本市安曇上高地の明神池の入口に鎮まる。奥宮の脇にある景勝地の明神池は同神社境内にあり神域となっている。

この明神池がパワースポットとして知られて、強い霊気、パワーの源といわれている。

関連パワースポット:


コメントを残す