稲積水中鍾乳洞

himeji

稲積水中鍾乳洞(いなづみすいちゅうしょうにゅうどう)は、大分県豊後大野市三重町にある日本最大の水中鍾乳洞。
秀麗閣、仏の里、鬼の岩屋、示現の淵、古城などと名付けられた見どころがあり、ベリボール、ヘリクタイトなど浸食形態もさまざま。昭和51年(1946)に発見された。

この鍾乳洞は、鍾乳石が形成された後に全体がいったん水没し、侵食により上半分が排水されて再び空気中に露出するようになったもので、元々、稲積山の山麓に奥行きのない小さな吐出洞として開口し、自然状態で下半分が地下水面下にあった。

観光開発のために排水路を掘削し、地下水位を約2m下げ、元の地下水面直下のレベルに設置した通路に沿って観光できるようにした洞窟である。

今も水面下に平均深度10~20mの空洞(鍾乳洞)が広がっている。日本名水百選に選定された白山川(中津無礼川とも)の源流のひとつをつくる日本一長い水中洞窟である。

水中洞窟は全長1,000m以上ある。元々の鍾乳洞は第四紀の中頃(およそ20万年前くらいか、正確には不明)の氷河期に形成されたと推測される。地下水は上流約4km(直線距離)の白谷の河床から浸透する白山川(中津無礼川)の水が稲積水中鍾乳洞に湧くことが分かっている。
約8万5千年前の阿蘇カルデラの大噴火によって洞窟前を流れる中津無礼川の峡谷が火砕流堆積物で70m以上の厚さに埋積されたために、山麓に形成されていた本洞窟の全体が水没し、水中洞窟となった。

その後、現在にかけて火砕流堆積物の上部3/4が中津無礼川によって侵食されたために、水中洞窟の上半分は排水されて再び空気中に露出し、下半分はなお水中洞窟の状態を留めていたのが、観光開発前の姿である。

関連パワースポット:


コメントを残す