秩父神社

himeji

秩父神社(ちちぶじんじゃ)は、埼玉県秩父市にある神社で、秩父地方の総社である。
秩父三社(秩父神社・三峯神社・宝登山神社)の一つ。

毎年12月に行われる例祭「秩父夜祭」は、京都の祇園祭、飛騨の高山祭と並んで日本三大曳山祭及び日本三大美祭の一つに数えられ、多くの観光客が訪れる。

荒川の河岸段丘上に広がる秩父市街地の中心部に鎮座している。

創建は崇神天皇の時代に、初代の知知夫国造である知知夫彦命(ちちぶひこのみこと)が、祖神の八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)を祀ったのが始まりとされている。中世には妙見信仰と習合し、その後「秩父大宮妙見宮」として栄えた。

江戸時代に徳川家康の命により現在の社殿が建てられ、社殿には左甚五郎作と伝えられる「子宝・子育ての虎」や「つなぎの龍」など、さまざまな彫刻が施されている。明治の神仏分離により「秩父神社」の社名に復した。

学業成就の神社として受験生が訪れる神社としても知られる。

現在は、八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)、知知夫彦命(ちちぶひこのみこと)、天之御中主神を主祭神とし、昭和天皇の弟である秩父宮雍仁親王を合祀している。

元々の祭神は八意思兼命と知知夫彦命ということになるが、これには諸説あり、八意思兼命・知知夫彦命のほか、思兼命の御子の天下春命、大己貴命、単に地方名を冠して「秩父大神」とする説などがある。

天之御中主神は明治の神仏分離のときに改められたもので、それ以前の神仏習合時代には妙見菩薩であった。鎌倉時代に近くに祀られていたものを合祀したものであるが、こちらの方が有名となり、江戸時代までは「秩父大宮妙見宮」と呼ばれていた。

秩父夜祭は武甲山の男神と秩父神社の女神が年に一度の逢瀬を楽しむ祭りで、縁結びや恋愛成就の祈願に訪れる参拝客が多くみられる。

関連パワースポット:


コメントを残す