神橋

himeji

神橋(しんきょう)は栃木県日光市にある、中禅寺湖から華厳の滝を落ちて流れる大谷川に掛けられた朱塗りの橋。

長さ28m、幅7.4m、水面からの高さは10.6m。
高欄には親柱10本を建て、それぞれに擬宝珠が飾られ(乳の木)と橋板の裏は黒漆塗で、その他は朱に塗られている。

日光二荒山神社の建造物で国の重要文化財に指定され、平成11年12月に世界遺産に登録さた。

寛永13年に現在のような神橋に造り替えられてから、神事・将軍社参・勅使・幣帛供進使などが参向のときのみ使用され、一般の通行は下流に仮橋(日光橋)を架けて通行することとなった。
昭和57年男体山頂鎮座1200年祭斎行に際し、昭和48年よりその奉賛を目的として、広く一般に公開され、平成9年より今回の大修理が行われた。
山間の峡谷に用いられた「はね橋」の形式としては我国唯一の古橋であり、日本三大奇橋(山口県錦帯橋、山梨県猿橋)の1つに数えられている。

橋の起源は
大願を果たそうとする勝道上人【しょうどうしょうにん】の行手を阻んだのはごうごうたる大谷川【だいやがわ】の急流があった。

神仏の加護を祈る一行の前に「深沙大王」が現われ、青と赤の2匹の大蛇を放すと橋となり、蛇の鱗に山菅が生え、渡りやすくなったことから「山菅の蛇橋」「御橋」とも呼ばれる。

関連パワースポット:


コメントを残す