神倉神社

himeji

神倉神社(かみくらじんじゃ、かんのくらじんじゃ)は和歌山県新宮市の神社。

熊野三山の一山である熊野速玉大社の摂社。神域である神倉山は和歌山県指定文化財(史跡)。

神倉神社は、熊野速玉大社の摂社である。
新宮市中心市街地北西部にある千穂ヶ峯の支ピーク、神倉山(かんのくらやま、かみくらさん、標高120メートル)に鎮座し、境内外縁はただちに断崖絶壁になっている。山上へは、源頼朝が寄進したと伝えられる、急勾配の鎌倉積み石段538段を登らなければならない。

山上にはゴトビキ岩(「琴引岩」とも。ゴトビキとはヒキガエルをあらわす新宮の方言)と呼ばれる巨岩がご神体として祀られている。

この岩の根元を支える袈裟岩と言われる岩の周辺には経塚が発見されており、平安時代の経筒が多数発掘され、そのさらに下層からは銅鐸片や滑石製模造品が出土していることから、神倉神社の起源は磐座信仰から発したと考えられている。

ゴトビキ岩の横に小さな社殿が設けられ、高倉下命(タカクラジノミコト)と天照大神が祀られているが、もともとは、この巨岩群そのものが神が降臨する場所として崇拝されていた。

熊野速玉大社の境内には梛(なぎ)の大樹とよばれる魔よけの御神木がありここもパワースポットとして人気。樹齢千年以上の天然記念物であり、梛の木では日本最大を誇る。
梛の葉は縦に切れても横には切れず、その丈夫さから男女の縁が切れないように女性が大事に持ち歩いていたといわれている。

関連パワースポット:


コメントを残す