皇居

koukyotop

アクセス

交通: JR東京駅から(丸の内北口)約1キロメートル(徒歩15分)
住所: 東京都千代田区千代田1-1

歴史

徳川幕府の居城(江戸城)であった。明治になってから皇居になったが、明治21年に宮城と言われるようになった。昭和23年になってからその名前が廃止になって、また皇居と言われるようになった。その名前は現在も続いています。今は天皇皇居両陛下が住んでいて、江戸城の跡ではなく、江戸城に近い庭園部分に建っている場所、吹上地区に住んでいます。御所である。他にもいろいろな建物があり、話をする所やいろいろな事で使われています。
皇居のまわりの一周は、約5キロメートルと広い事が分かる。

ご利益

  • 金気
  • 悪霊退散
  • 陽光に包まれたあたたかい気を感じ、爽やかな気分にする
  • 気力回復
  • 頭スッキリ
  • 全体運アップ
  • 恋愛運アップ
  • 人の邪気を浄化する
  • 万能のパワーがある
  • 功徳を最大限に受け取れる
  • 生命力、魂の力をうけとる

ポイント

江戸風水の龍穴によってパワーがある。富士山からの地龍が二本に分かれてある物と秩父山地からの地龍が入っていてその地龍と穴が結んでいる所に建てられているのでパワーがもらえる。そんな所に毎日いられる皇居様たちは違っていて私たちもいれたらいいです。

どんな悪霊がとりついていても皇居に入ったとたんにすべてが弾かれるということなので行くといいですね。行く時間帯は午前中がいいそうなので朝から行くといいでしょう。

二の丸庭園にデートに行く事で、天守台、本丸跡の芝生付近に強いパワーがあるということで、縁のある人かどうか見わけるためにも、行ってみましょう。なぜなら見わける直感がさえるからです。悩んだりしたときには必ず行くといいでしょう。
皇居のまわりを歩く時、半蔵門あたりから南側はいいエネルギーが出ているため、いくといいです。北側には、負のエネルギーがあるので 気をつけながら行くといいです。
予約なしで見れる所もあるのですが、予約して行く事によっていろいろな所がみれたり、皇居(江戸城)が勉強になったりするので、ぜひ予約して行ってきてください。

皇居みやげとして宮内庁生協という物があり、日本酒や財布や小銭入れなどの革製品、お菓子やネクタイなども安く売っているそうなので、記念としてもいいと思いますので、ぜひ買ってきてください。お菓子や革製品の財布などにも、菊の御紋も入っていて上品な感じです。そんな財布などの、革製品にも家紋が、入っているそうなので買って楽しむようにできるといいと思います。

地図


関連パワースポット:


コメントを残す