皆神山(皆神神社)

himeji

標高659メートル、30 – 35万年の安山岩質の溶岩ドーム。

1965年から1971年にかけての松代群発地震は皆神山の直下で起り、地震活動に伴い約1m隆起している。

松代群発地震に伴い1967年に付近の重力分布調査が行われ、皆神山付近には低重力域があり地下には、縦800m、横1500m、高さ200mのマグマ溜まりが起源と考えられる空洞の存在が推定される。

ボーリング調査により、皆神山溶岩は150m程度の厚さがあることが確認されており、その下に湖水堆積物が見つかっている。また、山頂部には河床礫が見られる。

中腹には「小丸山古墳」や「天の岩戸」などの古墳や天の岩戸伝説や天狗伝説などの伝承も残っていて神聖視されていた。

人工的に作られた様な山容をしているため「太古に作られた世界最大のピラミッド」という説が起こり一部信仰の対象になっている。毎年5月5日には、地元自治会により『ピラミット祭り』が開催される。山頂にはゴルフ場や皆神神社があり、山頂まで車で登ることができる。

全国的にも珍しいクロサンショウウオの産卵池がある。

皆神神社の正式名は「熊野出速雄神社」だが、皆神山に祀られている境内社を含めて総称して皆神神社と呼ばれている。

主祭神である出速雄命は、当地方開拓の祖神として天下の泰平と五穀豊穣をもたらす神として崇敬される。
現在の御社殿は康応元年(一三八九)の再建と伝えられ旧埴科郡中最古の建造物といわれる。撞木造とする古い修験道の建築に認められる特徴が残っている。
侍従大神は「児育て・寿命・火防の神」として信仰され、この地方では子供を侍従坊の弟子にすれば無病息災に育つといわれ、子供が生れれば一度は参拝している。また、相殿には 食物をつかさどり養蚕を守護する女神大宜都比売命(おおげつひめのみこと)を配祀する。

関連パワースポット:


コメントを残す