白兎神社

himeji

白兎神社(はくとじんじゃ)は、鳥取県鳥取市に所在する神社。旧社格は村社。

白兔神を主祭神とし、保食神を配祀する。白兔神は日本神話に登場する因幡の白兎のことであり、その説話の内容から皮膚病に霊験のある神として、また、大国主と八上姫神との婚姻を取り持ったことから特定の人との縁結びの神としてかなわぬ恋をかなえ、特定の人との親交をより深めると信仰される。
さらに、遠国の人もこの兎に願えば早く国に帰れるという。

創建の由緒は不詳である。かつては兎の宮、大兎大明神、白兔大明神とも呼ばれた。戦乱で消失し、鹿野城主だった亀井茲矩により慶長年間に再興された。現在の本殿は明治時代の再建。

鎮座地は身干山と呼ばれる丘で、因幡の白兎が身を乾かした山と伝えられる。
境内には、白兎が体を洗った御身洗池がある。御身洗池は旱天・豪雨のときでも水位の増減がないとされ「不増不減の池」とも呼ばれている。

本殿の土台には28弁の菊の紋章が彫刻された菊座石が使われており、当社の創建に皇室の何らかの関わりがあるのではと言われている。動物医療の神でもある。

境内ではないが、兎が体を洗ったと言う池ガマ、近くには国道9号を挟んで白兎海岸があり、その沖には白兎がいたとされる淤岐島がある。

白兎神社は大国主命と八神姫が縁を取り持ったと言われていて縁結びや恋愛成就にご利益があるとされる。
また白兎起請文を購入し、約束や誓い、名前を書いて投函すれば素敵な出会いが起こると言われている。

関連パワースポット:


コメントを残す