由布岳

himeji

由布岳(ゆふだけ)は、大分県由布市にある標高1,583mの活火山。
東峰と最高峰の西峰(山頂には1583.26mの一等三角点がある)の2つのピークからなる。円錐形をしていることから豊後富士とも称される。
九州一の美峰と言われ、その美しさから由布岳は日本二百名山のひとつに選定されている。

古来より信仰の対象として崇められ、『古事記』や『豊後国風土記』にもその名が記されている。宇奈岐日女神社(式内社)の祭神であり、また、山岳仏教信仰の山としてかつては中腹に佛山寺(湯布院町)の伽藍があった。

阿蘇くじゅう国立公園に指定されており、別府湾からも鶴見岳の後方に美しい姿を望むことができる。山頂からは日本百名山の九重山、祖母山、阿蘇山などが見え、天候がよければ福岡県の英彦山、長崎県の雲仙岳まで見渡すことができる。
頂上付近になるにつれて草木はまばらになるが、山頂にはミヤマキリシマも多く山麓の草原にはヒゴダイ、マツムシソウも多い。

周辺には豊富な湧出量を誇る別府温泉(別府八湯)や由布院温泉、全国屈指の酸性泉である塚原温泉を始めとする温泉群が点在し、活火山であることを思わせる。
とくに由布院温泉では、温泉が点在する盆地内の多くの場所からその姿を望むことができるため、由布岳はこの地のランドマーク的な存在となっている。

「ブロッケン現象」の見られる数少ない山とされている。

ふもとにある金鱗湖に龍が住んでいたといわれた伝説がいまでも伝わっていて、湖で泳ぐ魚のうろこが夕日で金色に輝くのを見た人は幸運になれるといわれています。

関連パワースポット:


コメントを残す