田島神社(望夫石)

himeji

田島神社(たじまじんじゃ)は、佐賀県唐津市呼子町の加部島にある神社である。
佐賀県内でも最古の神社といわれている。

田心姫尊・市杵島姫尊・湍津姫尊を主祭神とし、「田島三神」と称する。
これは宗像大社の祭神宗像三女神と同じである。大山祇神と稚武王尊(仲哀天皇の弟)を配祠する。

創建年代は不詳であり、神代の時代と伝えられ、肥前国最古の神社とされる。
鎮座地の加部島はかつては姫島・姫神島と呼ばれていた。

最も古い記録は、『松浦古事記』の天平3年(731年)、相殿に稚武王を配祀し、天平10年(738年)に聖武天皇より大伴古麻呂に詔命があり「田島大名神」の神号が贈られたという記録である。
延喜式神名帳には「肥前国松浦郡 田嶋坐神社」と記載され、名神大社に列している。

江戸時代には唐津藩の祈願所となった。明治4年に国幣中社に列格した。

境内には「力石」と呼ばれる石が一つあり、昔豊臣秀吉が名護屋在陣の折にその配下たちが田島神社への参拝に海岸から丸石を社前に運び上げ、頭上高く何度捧げられるか競ったといわれている。

田島神社の末社である佐用姫神社に祀られている、日本三代伝説のひとつの松浦佐用姫が夫との別れを悲しんで石になったといわれる望夫石が祀られている。
この石に祈願すると添い遂げられる相手と結ばれるといわれている。

ご利益は縁結び・商売繁盛・海上安全である。

関連パワースポット:


コメントを残す