瑠璃光寺

himeji

瑠璃光寺(るりこうじ)は、山口県山口市香山町にある曹洞宗の寺院。

山号は保寧山、本尊は薬師如来。
国宝の五重塔を中心として、境内は香山公園と呼ばれ、桜や梅の名所にもなっている。

大内氏全盛期の大内文化を伝える寺院であり、「西の京・山口」を代表する観光名所となっている。
香山墓所は「毛利家墓所」のうちの一つとして国の史跡に指定されている。五重塔は国宝であり、大内文化の最高傑作といわれる。

室町時代、嘉吉2年(1442年)頃の建立。屋外にある五重塔としては日本で10番目に古く、京都の醍醐寺・奈良の法隆寺のものとならび日本三名塔の一つに数えられることもある。

高さ 31.2m で屋根は檜皮葺。二層にのみ回縁(まわりえん)がついているのが特徴である。
建築様式は和様であるが、回縁勾欄の逆蓮頭や円形須弥壇など一部に禅宗様(唐様)が採り入れられている。
夜間は年間を通して日没~23:00までライトアップされており、周囲に咲く季節の花々とともに美しく浮かび上がる。

瑠璃光寺は五重塔・瑠璃光寺・香山墓所・洞春寺・露山堂・枕流亭などが近辺に集中しているため、早くて10分くらいで見てまわることができる
五重塔は大内氏館の北(玄武)にあたり、パワーやエネルギーの集まる龍穴だとされている。

関連パワースポット:


コメントを残す