猪群山ストーンサークル

himeji

猪群山(いのむれやま)は、大分県豊後高田市(旧真玉町)にある標高458mの山。山頂にある巨石群で知られる。飯牟礼山とも書く。

大分県の北東部にある国東半島に位置し、国東半島の中心である両子山から見ると北西の方角にあたる。
猪群山という名前は、イノシシが群れるほどに多かったことに由来するといわれる。

北峰の頂上付近にある巨石群は、斜め上方に向かってそびえる高さ約4.4mの神体石を中心に、東西33m、南北42mの楕円状に16の巨石が並ぶ。

さらにその外側には直径約70mの円状に24の石が配されている。登山路から頂上の巨石群への入口には陰陽石と呼ばれる一対の巨石が門のように立っている。
一帯は、「オミセン」と呼ばれる聖域で、女人禁制の地であった。なお、現在は女性も立ち入ることができる。

神体石は、伝承によれば、山幸彦と海幸彦神話で知られる山幸彦が、龍宮から持ち帰った潮盈珠(しおみちのたま)、潮乾珠(しおひのたま)を置いた場所であるとされる。
そのため、神体石の上部の窪みには、満潮時には水が満ち、干潮時には水が乾くという。また、窪みには金魚が住んでおり、この金魚を見た者は盲目になるとも伝えられる。

この巨石群は、古代の巨石信仰の遺跡であるとする説、中世の仏教信仰の霊場跡であるとする説、中世の砦跡であるとする説、自然地形であるとする説等がある。また、卑弥呼の墓とする俗説もある。

昔より聖域とされてきたパワースポットであることは間違いない。

関連パワースポット:


コメントを残す