熊野大社

himeji

熊野大社(くまのたいしゃ)は、島根県松江市八雲町熊野にある神社。
式内社(名神大社)、出雲国一宮。

旧社格は国幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は一重亀甲に「大」の文字。

火の発祥の神社として「日本火出初之社」(ひのもとひでぞめのやしろ)とも呼ばれ、出雲大社と共に出雲国一宮である。

紀伊国の熊野三山も有名だが、熊野大社から紀伊国に勧請されたという説と、全くの別系統とする説がある。社伝では熊野村の住人が紀伊国に移住したときに分霊を勧請したのが熊野本宮大社の元であるとしている。

『出雲国風土記』には熊野大社と記されていた。その後『延喜式神名帳』では熊野坐神社と記された。

中世には熊野信仰の影響を受けて「上の宮(熊野三社)」と「下の宮(伊勢宮)」に分かれた(上の宮は明治の神社合祀で下の宮に統合された)。

祭神は伊邪那伎日真名子 加夫呂伎熊野大神 櫛御気野命で祭神名は素戔嗚尊の別名であるとする。
「伊邪那伎日真名子(いざなぎのひまなご)」は「イザナギが可愛がる御子」の意、「加夫呂伎(かぶろぎ)」は「神聖な祖神」の意としている。

「熊野大神(くまののおおかみ)」は鎮座地名・社名に大神をつけたものである。
実際の神名は「櫛御気野命(くしみけぬのみこと)」ということになる。「クシ」は「奇」、「ミケ」は「御食」の意で、食物神と解する説が通説である。

縁結び・恋愛成就・諸願成就・厄除け・開運招福のご利益がある。

関連パワースポット:


コメントを残す